2015-01-20

Workshop

Workshop 2017-2018

超広角画角との付き合い方

照度比を見て輝度比に置き換えて描画する

クリップオンストロボをいかに調教するか

光の減衰など特性と日中シンクロの効果

風景をライティングする話再び

ディスプレイのネイティブガンマとNコロ君チェック

DXO PhotoLabから考えるDNG形式

面光源の大きさをどれくらいにするべきか考える

ライティング機材の選び方を一考する

日中シンクロの機材と実践(光の特性)

角度と距離と照度(照度ムラについて)

 

Workshop ── 理路整然としたRAW現像

第一回. 現像・ヒストグラムから始める

第二回. 現像・実際のトーンと知覚できるディティール

第三回. 現像・モノクロとフルカラーの間に違いはない

第四回. 現像・インプット以上のアウトプットはあり得ない


✔︎ディスプレイの輝度または応答性確認チェックチャート

過去のWorkshop(リンク切れ・画像欠損あり)

Workshop-1
Workshop-2
Workshop-3
Workshop-4
workshop-5
workshop 6. 広角描写と標準レンズ
workshop 7. 目測撮影、ノーファインダー撮影の実践
workshop 9.  写真的真実というもの
workshop10. ライティングを設計する(1
workshop11. ライティングを設計する(2
workshop12.  撮影から仕上げまでの一貫性
workshop13.  20mmと18mm以下の違い
workshop14.  標準レンズへの苦手意識とは
workshop15.  広角レンズの画角相関
workshop16.  出力(階調)を想定し露光量を決定する
workshop17.  ローキーまたは黒の中にダークを描写する
workshop18.  シャープ処理の原理と課題
workshop19.  ガンマ値とコントラスト双方のコントロールの実践
workshop20.  ガンマ値とコントラスト双方を調整してみる
Workshop21.  既存のアスペクト比を考察する
workshop23.  標準露光量の呪縛を断つ
workshop24.  基本を熟知したうえでカスタマイズする
workshop25.  劇薬的効果に注意して写真に補助線を引く
workshop26.  説明と構図
workshop27.  写真の意味は編集とデザインから生じる

 

Mac OS

画像周りの作業をするためのOSX環境づくり1
画像周りの作業をするためのOSX環境づくり2
画像周りの作業をするためのOSX環境づくり3

Translate »