テーマと記憶と逃れられないもの

新潟市へ撮影に出かけ帰ってきた。あと数年で、新潟を離れてかれこれ五十年つまり半世紀になる。新潟で見たもの感じたものが半世紀前の出来事であるのをあらためて確認して私は恐ろしくなった。あれから100年の半分も生きてきたのだ。恐ろしくないはずがない。

なぜ適正露出があるのか適正露出とは何か

適正露出についてちゃんと説明できる人はすくないし、説明できないまま感覚だけで「適正露出に従う必要はない」と言う人も多い。適正露光とは便宜的なものとまず考えればよい。そのうえでRAW現像時になにをどうするのが自分の表現なのか考えて、ラチュード内に必要なかぎりのテクスチャーを記録するのか、その場の欲求に従い決め打ちで露光するのか立場を決めるのがよいだろう。

EVという便利な単位と様々な撮影

写真におけるEVの活用は古い話のようで比較的正しいことなので再認識すべきだろう。EVはフィルムの箱に書いてある「快晴 F16・1/125」的なものだと憶えておけばよい。空間の明るさもそうだが、被写体や背景個々の明るさもEVの概念で把握すべきだ。写真は明るさの比率しか表現できないのだから、どのような濃度で記録するか重要なのだ。

クラシックカメラブームの功罪

90年代にクラシックカメラブームがあり、ライカから古い未知のカメラやレンズまでたいそうな量が販売されたし情報が溢れかえった。あれは何だったのだろう。 あの時代のあの狂騒を知らない人にどれくらい騒がしい出来事だったか説明し […]

写真の出来栄えをお金で買う発想を捨てさる

何をどうやって見極めて買えばよいか書いていこう。必要な機材はフラグシップの位置付けのものとは限らない。撮影しやすく、撮影中に機材の性能や特性から生じるやっかいな問題に悩まされないものが必要な機材だ。つまり日々ちゃんと撮影を続けていれば自ずと答えが出る。機材が自分に合っているか否か、メーカーが要求に応えられるか否かによっては機材に毅然と見切りをつけられるようにしなくてはならない。

新潟に行く予定あり

本年4月に新潟に行く予定だ。私にとって新潟は単にかつて生活した場というだけでなく、身体と心の八割くらいをかたちづくるものとなった土地だ。現在、砂景ばかり撮影しているのは新潟の砂丘を遊び場にしていたことと切っても切れない関係がある。ほんとうに新潟は変わった。下調べをして二十数年前よりますます変わっているのも知った。

バスマットと洗車の水切り

日記です。 たいした話ではないけど、洗車の最後にボディーやウインドウから水気を切るのが結構面倒くさい。しかも汚れがひどいときなどシャンプーを洗い流しても水滴に汚れが含まれていて、乾いたあとに姿を表すのはほんとうに癪だ。 […]

Ghost dance

写日記 寒空から雨が落ちたり、日が射したり。そのたび亡霊があちこち動き回る。 それを撮ろうとすると、もうここにはいないので、いい加減にシャッターを切るふりをしてみた。   Fumihiro Kato.  © 2 […]

冬ざれの逍遥

Fumihiro Kato.  © 2019 –   知らない場所を歩いていると、ふと誰かがそばにいる気配がして、人の気配がある場所を撮影していることがある。黄泉と彼岸。そんな言葉が浮かんできて、あ […]

Paul WellerとJohnny Marrが示すロック

ポール・ウェラーはザ・ジャム、ジョニー・マーはザ・スミスをキャリアのスタート地点にして現在も活発に活動している。ザ・ジャムは70年代末のパンク、ザ・スミスは80年代のポストパンクに分類されるバンドだから二人ともおっさんと […]

USB Type Aオスは断線しやすい

カメラとPCの接続でUSBケーブルが必須なのはご存知のとおりなんだけど、macと連結して電力消費が多いから接続できないのねとアラートが出て二進も三進もいかなくなった。あらあら電力消費が多い機器は接続していないのだけどと思 […]

D850と50mmF1.2

ニコンのカメラを使っているかなりの数の人がAi Sの50mm F1.2を持っているのではないだろうか。いつ使うのか真面目に考えだすとごにょごにょしてしまうけれど、これといって目的がないまま50mm F1.2を持ち出すあた […]

写真の仕上げで何を、どうやっているか(ある会話の続き)

おいちゃん:続きということで、また来ましたと挨拶しておくぞ(笑) おいら:挨拶はだいじだよ(笑) 正直に言えば、続けて話してる。 おいちゃん:「空と雲の表現」のやり方は説明してきたし、おしゃべりでは説明しにくいという話だ […]

私の撮影荷物

クルマを出して撮影に行く際、撮影意図によって主な装備は変わるけれど、周辺機材で持ち出すものを書き出してみようと思う。 まず三脚。Fotopro T63Cにハスキーの雲台つき。ずっとハスキーを使い続けてきたし現在も四六時中 […]

能力は輪廻転成する

写真の話をする前に、明らかな例を挙げてみたい。 Led Zeppelinの何がすごいかは、なんといってもメンバー各人が明確な位置付けの上にいて、ジミー・ペイジは自身を含めてのプロデューサーであり、ロバート・プラントは稀代 […]

どのような写真を仕上げるかについての答え

ギタリストのレス・ポールは言っている。「ラジオで流れている演奏を母親が聴いて、これが息子のものだと分かるようになればギタリストとしては一人前」。さすが第一人者は、無駄な理屈や言葉を弄さずさらっと一言で真理を言い尽くす。 […]

人は低きに流れてしまう、だから

リンゴ、いやこれからの季節ならモモを机に置いたままにすれば、腐ることはあっても収穫したてのモモ、はたまた花に戻ることはない。人もまた同じだ。と、説教くさい話をしようとしているのではなく、自他共にほおっておけばこうなると事 […]

AF-S 18-35mm G の話

作品をつくるうえでツァイスの15mmが、私にとって不可欠なものになっている。いつも絞りはF8、四六時中使っているので歪曲が目立ちやすいアングルが、ファインダーを覗かなくてもわかる手足や眼そのもののようなレンズだ。ありがと […]

浪江町再訪へ

作品「311への旅」の一環として宮城県を目指そうと考えていた。これは前回の相馬、南相馬、浪江町(一部双葉町)の撮影を決める前からの計画だった。これらの場所を撮影したあとも、つい数日前まで宮城県についての勉強をしていたが、 […]

ミラーレス化で変わるものごと

与太話。 前回、ライカ判フルサイズミラーレスとレフレックス機との比較で、ミラーレスだからといって今後劇的にシステムが小型化・軽量化されないだろうし、主にレンズが小型軽量化の足を引っ張ると書いた。また昨今の出来事として、初 […]

HUSKYその他、三脚の考え方

私は三脚といえばハスキー一択だが、人それぞれいろいろ思うところ、信頼できるものなど通り一遍ではないはずだ。念のためハスキー一択の理由を書くなら、壊れない、雲台がするっと動いてピタッと止まる、安定している、不具合が生じても […]

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る