WordPressのエディタGutenbergが鈍重な場合に

WordPressのエディタGutenberg(グーテンベルク)が登場してからというもの、使い勝手が悪い、バージョンアップは改悪の連続とひどい言われようだ。しかし以前のエディタでは不可能な操作を提供しているし、もうちょっとどうにかしたならよいものになるのではないかと思われる。

このように「よいものかもしれない」とGutenbergに乗り換えて[再利用可能ブロック]を作成すると、Gutenbergに問題が発生してクラシックなエディタに戻すのが億劫になる。これは以前の環境からGutenbergに移行する際にも言えたことで、かつてのエディターに対応するテンプレート挿入プラグインはGutenbergでは動作しない。文章編集環境は行き来できても、シームレスと言い難い互換性が問題になる。

さて、私の環境でここ数ヶ月間頭がいたい問題であり続け、9月以降顕著だったのがGutenbergの動作の鈍重さだった。

タイトルはサクッと書き込めるしペーストできる。

ところが本文のブロックを置き、ここに書き込むのもペーストするのもフリーズしたかと思うほど結果が達成されるのに時間がかかる。このとき他の操作をまったく受け付けなくなる

Gutenbergそのものの問題か、他のプラグインの問題か、サーバの問題かとそれぞれ切り分けて検証している過程で、ふと思いついてブラウザを変えてログインしてみた。すると問題が完全に解決された。

私はブログの更新に限ってSafariを使用していた。まあいろいろ理由があるのだが、それは個人的なことなので説明は割愛する。これをFirefoxにしたら、あーらGutenbergがさくさく動くChromeよりさくさく動く

現象としてのGutenbergの鈍重さは解決したが、ではなぜブラウザごと違いがあるのか理由はわからない。とはいえ、ブラウザごとGutenbergの動作に違いがあるのはわかった。

Gutenbergのコードは素人目に見て、なんかすっきりしていないというか生まれたばかりなのに恐竜化しているようにも見える。多機能ゆえの宿命かもしれないが、こんなところにブラウザとの相性問題が生じるのかもしれない。

Gutenbergのどうにもこうにも重たい場合や挙動不審な場合はダメもとでブラウザを変更してみるのをオススメする。

© Fumihiro Kato.
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

・スタジオ助手、写真家として活動の後、広告代理店に入社。 ・2000年代初頭の休止期間を除き写真家として活動。(本名名義のほかHiro.K名義他) ・広告代理店、広告制作会社勤務を経てフリー。 ・不二家CI、サントリークォータリー企画、取材 ・Life and Beuty SUNTORY MUSEUM OF ART 【サントリー美術館の軌跡と未来】、日野自動車東京モーターショー企業広告 武田薬品工業広告 ・アウトレットモール広告、各種イベント、TV放送宣材 ・MIT Museum 収蔵品撮影 他。 ・歌劇 Takarazuka revue ・月刊IJ創刊、編集企画、取材、雑誌連載、コラム、他。 ・長編小説「厨師流浪」(日本経済新聞社)で作家デビュー。「花開富貴」「電光の男」(文藝春秋)その他。 ・小説のほか、エッセイ等を執筆・発表。 ・獅子文六研究。 ・インタビュー & ポートレイト誌「月刊 IJ」を企画し英知出版より創刊。同誌の企画、編集、取材、執筆、エッセイに携わる。 ・「静謐なる人生展」 ・写真集「HUMIDITY」他
投稿を作成しました 518

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る