中華機材と間に合わせグリップと

サイトを模様替えしたのでテストついでの投稿だ。

先日の記事に現場で間に合わせにつくったストロボ用のグリップについて触れた。[涙ぐましい機材の選択・持ち運びの話🔗]

たいしたものでないので大雑把に紹介する写真を撮ったが、間に合わせの割に使い勝手は悪くない。ご覧の通りAmazonで800円くらいの中華汎用グリップをL字プレートにつけただけだ。風景だろうがなんだろうが可能な限り想定通りに撮影するためのシンクロ用だ。

ちなみにシューはいろいろ試した結果ストロボのおまけについてくるものが安定性と安全性がもっとも高かった。

汎用シューと言えば行き止まりにストッパーがない両脇から締め付けるタイプが一般的だ。これはこれでサイズが小さい点ですぐれているが、行き止まりのストッパーがないことでストロボ側で締め込んでも思わぬ事故につながりかねない。

また板バネで圧着させるタイプは素子が増えた現代のストロボではおおよそ嵌らない。

たったこれだけの部品だが、工夫が行き届いたものは少ないし、旧態然とした製品を未だに販売されている。

さて、間に合わせブラケット+グリップだ。かなりトップヘビーな状態だが、グリップのおかけで自在に振り回せる。ストロボ間の距離はもっと詰めたいところだがグリップの太さで最小幅が規定され、左右の重量バランスを取るため位置を調整している。

L字プレートをつかったおかげで片側のストロボは両サイドからプレートで保護される結果になり、これが地味に結構役立っている。

このグリップは複数の業者から同じものが出品されている。中華製にありがちな色付きアルマイト処理的なものが気にくわないが、もっともシンプルで機能に癖がなさそうなところと、まあ間違いがないだろうと選択している。

こういうとき中華製の安価なナニカは便利だが簡単なパーツさえ玉石混交なのはどうしたものかと感じる。

数年前からAmazonの売り場は混沌としすぎで、バッタもんとパチもんが入り乱れているうえに業者のサクラがインチキな評価を書きまくりで使い勝手が悪くなった。

私が通販を利用する際、ヨドバシばかりになってAmazonは中華製の安くて変なものを漁る場になっている。泥棒市とか闇市蚤の市の位置付けだ。

Amazonが滅びるとしたら、バッタもんとパチもんを売っている中華業者に荒らされた結果だろうが、当のAmazonがわざわざ呼び込んだ連中だから自業自得だろう。

中華製機材にありがちな問題は正規品だったとしても詰めと工作精度の甘さだ。たとえばネジが長すぎる、規格もののマウントがガタツク、いらない工夫をして強度や精度が落ちているといったものだ。

そろそろ中華メーカーと業者は安かろう悪かろう売ったモノ勝ちの姿勢をどうにかしたほうがよいと思うが、こればかりは現状が続くのだろう。

© Fumihiro Kato.
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

古い写真。

・スタジオ助手、写真家として活動の後、広告代理店に入社。 ・2000年代初頭の休止期間を除き写真家として活動。(本名名義のほかHiro.K名義他) ・広告代理店、広告制作会社勤務を経てフリー。 ・不二家CI、サントリークォータリー企画、取材 ・Life and Beuty SUNTORY MUSEUM OF ART 【サントリー美術館の軌跡と未来】、日野自動車東京モーターショー企業広告 武田薬品工業広告 ・アウトレットモール広告、各種イベント、TV放送宣材 ・MIT Museum 収蔵品撮影 他。 ・歌劇 Takarazuka revue ・月刊IJ創刊、編集企画、取材、雑誌連載、コラム、他。 ・長編小説「厨師流浪」(日本経済新聞社)で作家デビュー。「花開富貴」「電光の男」(文藝春秋)その他。 ・小説のほか、エッセイ等を執筆・発表。 ・獅子文六研究。 ・インタビュー & ポートレイト誌「月刊 IJ」を企画し英知出版より創刊。同誌の企画、編集、取材、執筆、エッセイに携わる。 ・「静謐なり人生展」 ・写真集「HUMIDITY」他
投稿を作成しました 406

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る