バックパック型カメラバッグへの思案と試案

バックパックまたはリッュク型のカメラバッグは、機材が大きめ、多めの徒歩行に最適なのだが、あのデザインはどうにかならんもんかと常々悶々としてきた。黒っぽい変な虫を背負っているように感じられたり、いかにも写真を撮影にきましたよ的な仰々しさが好きになれない。でも、あれしかないしなという。しかも、どう考えても価格がお高い。

ここに不満を図にしたが、ざっくり二つの問題に分類できる。1.価格の割にデザインが壊滅的にダサい。2.内部仕切りとアクセス方法どちらも、あちらを立てればこちらが立たず的なもどかしさがある。

過日、再入院の際の荷物を持ち運ぶバックパックを求めてIKEAへ出かけた。目当ての品は、これ。

FÖRENKLA:IKEA FAMILY

メンバー価格¥ 5,999 通常価格¥ 7,999 https://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/80313573/
私はメンバー価格で購入した。

なかなか丈夫そうだし容量たっぷり。で、これを買って帰宅してしみじみ眺めているとき、ふと「これってカメラリュックになるのでは」と思った。というのも、ドンケのショルダー同様の頑丈な帆布であり、トップに大きな開口部、サイドに全開口可能なファスナーの窓があるなど様々なカメラリュックの不満点の解消あるいは便利機能があったからだ。ちなみに底部は靴を収納する部分で、何も入れなくてもクッション性がある。

FÖRENKLAにドカドカと機材を入れればよいのではないか。整理整頓できれば越したことはないが、私の使用実態からいって引越し荷物のようにあれもこれも詰め込むケースは皆無で、最大でライカ判カメラ2台と中判1台でそれぞれにレンズを装着させ、さらに交換レンズ1本くらいだからさっと入れて出せればよし。これでは機材同士がぶつかるので、これを。

この製品がよいかどうかわからないが、似たようなものは他にもある。いずれにしても、この手のバックパックを使用するシーンで「さっと出して、さっと仕舞う」という撮影を私はしない。A地点からB地点に移動し、被写体を確認して必要なレンズ付きカメラを用意する、という用途である。FÖRENKLAでは耐衝撃性がないと思われるかもしれないが、ドンケのバッグが帆布製であることを考えれば転倒さえしなければ大丈夫だろう。

FÖRENKLAはカメラリッュクではないので、カメラリュクの「黒っぽい変な虫」的外観になるのを免れていて、あたりまえだが普段使いのバッグとしても使用できる。

さて、理屈通りに使えるか再入院後の作品ロケで検証したい。

Fumihiro Kato.  © 2017 –

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

ただただ写真 Photo Gallery

 

Profile

F.Hiro.K
加藤(文)文宏 / Fumihiro Bun Kato a.k.a Hiro.K
写真家・作家 / Photographer Author
・北海道北見市生まれ。
・大学卒業時までに詩集「無題あるいはサラバ」、同「Cadenza」発表(共に絶版、在庫なし。「Cafebza」別装丁私家版のみあり)。
・スタジオ助手、写真家として活動の後、広告代理店に入社。
・2000年代初頭の休止期間を除き写真家として活動。(本名名義のほかHiro.K名義他)
・広告代理店、広告制作会社勤務を経てフリー。
・不二家CI、サントリークォータリー企画・取材、Life and Beuty SUNTORY MUSEUM OF ART 【サントリー美術館の軌跡と未来】、日野自動車東京モーターショー企業広告、武田薬品工業広告、他。アウトレットモール広告、各種イベント、TV放送宣材、MIT Museum 収蔵品撮影 他。
月刊IJ創刊、編集企画、取材、雑誌連載、コラム、他。
・長編小説「厨師流浪」で作家デビュー。「花開富貴」「電光の男」他、小説のほか、エッセイ等を執筆・発表。
・獅子文六研究。
・インタビュー & ポートレイト誌「月刊 IJ」を企画し英知出版より創刊。同誌の企画、編集、取材、執筆、エッセイに携わる。
・各メディアにおけるスチル撮影。
・オリジナルプリントの製作、販売。
・JSAHP正会員
Translate »