カメラからの画像ダウンロードの話

Nikon Transfer 大丈夫?という記事を書いたのだけど、あれからニコンのサイトを見たら「Mac OS Sierraには未対応、ダウンロードに使用すると画像破壊」と書いてあった。日頃使わないNikon Transferなのと、世の中のカメラ周辺動向に疎いからああいう体験をしたと。
で、私はAdobeBridgeを画像の整理に常用していて、カメラから画像をダウンロードする際も同ソフトから行なっていた。AdobeBridgeは便利この上ないのだけど一つだけ文句を言えば、ダウンロード後にカメラ内のメモリーカードから画像を削除する機能がいつの頃からか使えなくなった。「削除しますか」に対して実行して、何かが進行している様子だけど削除されていない。ではどうしていたかと言えば、カメラの操作メニューからメモリーカードの初期化を選択していた。いちいち一コマずつ消去するのは100枚単位以上になると骨なので。あー、10枚だって面倒だ。
話がやや脱線するけれど、メモリーカードの初期化はけっこう重要。撮影後ごとやるのは悪いことでない以上に、やったほうがよいくらいだ。不揮発性のメモリーの書き換え制限は100万回ほどもあるので、初期化くらいで賞味期限が切れることはない。
そんなこんな事情があり、Mac OSに付属している「イメージキャプチャ」をカメラからのRAWデータのダウンロードに使用してみた。テストとして。「イメージキャプチャ」は、アイコンがかわいいコンデジのあいつだ。先に書いたように、私は画像管理をAdobeBridgeで行なっているし、Mac OSの写真.appはコンシューマー用にはよいのだが膨大な数の画像を扱い、さらにいろいろ整理したり調整したりフォルダー分けするのには向いていない。なので、ダウンロードしたRAWファイルの保存先を写真.appに任せず、任意の場所に設定した。このとき所定のフォルダー内に独自に命名した新規フォルダーをつくる手間はあるが、なんとAdobeBridgeでダウンロードするよりスムースかつスマートに動作するし、ダウンロード後に「削除」をすればカメラ側のメモリーをきれいにしてくれて万々歳だったのだ。ま、私が喜んでいるだけで皆さんはもう使用しているかもしれない。
「イメージキャプチャ」のメリットはOSが進化しても、サードパーティー製アプリケーション(対応がいちいち遅いニコンのソフトのことだけど)のように不具合が出ないという点だ。現像環境などはOSのアップデートに対応するまでインストールを待つけれど、カメラからのダウンロードごとき(重要なんだけど)のためメリットを感じつつアップデートしないというのはアレだ。というか、ニコンはいつものことだけど動きが鈍い。現像ソフトまでニコンを使用している人は苦痛だろう。正直に言えば、今に始まったことではないがソフトウエアに関してダメである。猛省してもらいたいところだ。

Fumihiro Kato.  © 2017 –

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

ただただ写真 こちらも見る?

Profile

F.Hiro.K
加藤(文)文宏 / Fumihiro Bun Kato a.k.a Hiro.K
写真家・作家 / Photographer Author
・北海道北見市生まれ。
・大学卒業時までに詩集「無題あるいはサラバ」、同「Cadenza」発表(共に絶版、在庫なし。「Cafebza」別装丁私家版のみあり)。
・スタジオ助手、写真家として活動の後、広告代理店に入社。
・2000年代初頭の休止期間を除き写真家として活動。(本名名義のほかHiro.K名義他)
・広告代理店、広告制作会社勤務を経てフリー。
・不二家CI、サントリークォータリー企画・取材、Life and Beuty SUNTORY MUSEUM OF ART 【サントリー美術館の軌跡と未来】、日野自動車東京モーターショー企業広告、武田薬品工業広告、他。アウトレットモール広告、各種イベント、TV放送宣材、MIT Museum 収蔵品撮影 他。
月刊IJ創刊、編集企画、取材、雑誌連載、コラム、他。
・長編小説「厨師流浪」で作家デビュー。「花開富貴」「電光の男」他、小説のほか、エッセイ等を執筆・発表。
・獅子文六研究。
・インタビュー & ポートレイト誌「月刊 IJ」を企画し英知出版より創刊。同誌の企画、編集、取材、執筆、エッセイに携わる。
・各メディアにおけるスチル撮影。
・オリジナルプリントの製作、販売。
・JSAHP正会員
Translate »