撮影台との日々

「あっ」と思ったとき、「もしや」と感じたとき、すぐ撮影ができるように自室に撮影台を設えたままにしている。

撮影台は自作のもので、フレーム式の組み立て家具を骨格にしている。ここにディフューザーとして適当な場所に半透明の樹脂板。光源は上下左右いずれにも移動できるように。いつも2灯用意。最近は補助光源にGODOXのV860。V860には調光、トランスミッタ用のパーツをつけ、やはりGODOXのアンブレラやソフトボックスを取り付けられる部品を組み合わせて使用している。GODOXと大型ストロボの受信側トランスミッタのチャンネルをあれこれすれば、送信機はひとつで済みそうなのだけれど面倒なので二階建てにして使っている。アンテナとかついていて、男の子っぽいメカメカしさだ。

撮影台

こんな感じ、である。GODOXはクリップオン型だが補助光ばかりでは惜しい光量があり、撮影時に送信部から1/○といった具合に調光している。これはつくづく便利、といつもいつも感じる点だ。

上の図の細い罫線で囲った範囲がスタジオに相当する。ここで問題なのはスタジオと比較し、あまりに狭いこと。ブツ撮りとしてはあり得るサイズだが、光を分離させる手間というか勘所が必要になる。

花をテーマにした撮影では、背景の明度にあわせた背景紙をいちいち用意するのが煩わしいので白100%に対して被写体側より光量を落としてグレーを表現している。さらに背景全体の輝度を均一にする。あのシリーズの写真は、やったことはないがフォトショップの自動選択ツールで被写体だけ抜けるくらい背景のグレーが均一になっているはずだ。これを狭い空間で実現するには、主光源が背景に入り込む量、さらに光源側と光源より遠い側での輝度差を考慮したうえで、補助光源を上側から一発当てている。

2016_20906

説明ばかりの記事になってしまったが、「あっ」を後々に持ち越さないための撮影台であり光源なのだ。絵を描く人々がスケッチブックを身近に置いているのと似ているかもしれない。

Fumihiro Kato.  © 2016 –

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Profile

F.Hiro.K
加藤(文)文宏 / Fumihiro Bun Kato a.k.a Hiro.K
写真家・作家 / Photographer Author
・北海道北見市生まれ。
・大学卒業時までに詩集「無題あるいはサラバ」、同「Cadenza」発表(共に絶版、在庫なし。「Cafebza」別装丁私家版のみあり)。
・スタジオ助手、写真家として活動の後、広告代理店に入社。
・2000年代初頭の休止期間を除き写真家として活動。(本名名義のほかHiro.K名義他)
・広告代理店、広告制作会社勤務を経てフリー。
・不二家CI、サントリークォータリー企画・取材、Life and Beuty SUNTORY MUSEUM OF ART 【サントリー美術館の軌跡と未来】、日野自動車東京モーターショー企業広告、武田薬品工業広告、他。アウトレットモール広告、各種イベント、TV放送宣材、MIT Museum 収蔵品撮影 他。
月刊IJ創刊、編集企画、取材、雑誌連載、コラム、他。
・長編小説「厨師流浪」で作家デビュー。「花開富貴」「電光の男」他、小説のほか、エッセイ等を執筆・発表。
・獅子文六研究。
・インタビュー & ポートレイト誌「月刊 IJ」を企画し英知出版より創刊。同誌の企画、編集、取材、執筆、エッセイに携わる。
・各メディアにおけるスチル撮影。
・オリジナルプリントの製作、販売。
・JSAHP正会員
Translate »