いろいろつらい時期なのでこうなってます

日記かつお知らせの記事です。

2020年は年明け直後の雰囲気から一変してコロナ肺炎の年となり、こんな一年と定義したり来年もなんて言いたくないですがどうしようもありません。

先日、ギャラリーに[2020年作品制作についてのおしらせ(COVID-19関連)]という文章を掲げました。掲げないとならないくらいに予定が狂いまくっているし、ご迷惑はかけられないといった状況です。

これは私に限った話ではないでしょう。

そして、こんななかでも創作は続けるわけです。

撮影していても現像していても、心の一部に取り除き難い陰がさしているのですけど、その反動でしょうかどこまで(照度・輝度を)明るくできるか自分のなかで競争になっているのは滑稽というか面白いですね。

ロケのための移動に制限があるため、砂景・海景等は旧撮影分からの現像になれますが、花をふくめ新作を公開していますのでご興味があるかたはギャラリーへどうぞ🔗。

このようにプリント作品の販売、画像データ利用のご相談ごと、各種メディアのスチル撮影などいつもどおり対応しています。

また勉強会、撮影指導、現像指導についても個人、団体、企業問わず破格な料金で再開しています。(時間単位あるいは1回あたり料金かなど柔軟に対応できます)

お気軽に
Contact
からご連絡ください。

© Fumihiro Kato.
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

・スタジオ助手、写真家として活動の後、広告代理店に入社。 ・2000年代初頭の休止期間を除き写真家として活動。(本名名義のほかHiro.K名義他) ・広告代理店、広告制作会社勤務を経てフリー。 ・不二家CI、サントリークォータリー企画、取材 ・Life and Beuty SUNTORY MUSEUM OF ART 【サントリー美術館の軌跡と未来】、日野自動車東京モーターショー企業広告 武田薬品工業広告 ・アウトレットモール広告、各種イベント、TV放送宣材 ・MIT Museum 収蔵品撮影 他。 ・歌劇 Takarazuka revue ・月刊IJ創刊、編集企画、取材、雑誌連載、コラム、他。 ・長編小説「厨師流浪」(日本経済新聞社)で作家デビュー。「花開富貴」「電光の男」(文藝春秋)その他。 ・小説のほか、エッセイ等を執筆・発表。 ・獅子文六研究。 ・インタビュー & ポートレイト誌「月刊 IJ」を企画し英知出版より創刊。同誌の企画、編集、取材、執筆、エッセイに携わる。 ・「静謐なる人生展」 ・写真集「HUMIDITY」他
投稿を作成しました 518

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る