退院しました

GW後半に差し掛かる5月4日にかねてより続いていた激痛が耐えられないまでになり救急搬送され、同日深夜に仮の処置を施し本日まで入院生活でした。現在、慣らし運転中とはいえとりあえず復帰しました。この間のご連絡事項や他のあれこれにお応えできなかったことを、ここにお詫び申し上げます。

いやはや結石がここまで巨大化していたとは。ここ数ヶ月のストレスが相まって感染症を引き起こしていたとは。よくもまあ発熱や痛みを放置してきたと。人間の体の脆さを改めて気づくきっかけになりました。尿管結石の痛みはKing of Painなのだそうですが、たしかに七転八倒さえ不可能な異常な痛みだったとしても、内視鏡を入れて内部で作業される苦しみはEmperor of Painなのでした。人間は多様な配管の集合体で、配管の弱点は人体だろうとプラントだろうと下水管だろうと変わるものでないと知ったという。

病院の皆さんにはたいへんお世話になりました。ありがとうございました。

ひとまず、ではでは。

Fumihiro Kato.  © 2017 –

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

ただただ写真 Photo Gallery

Profile

F.Hiro.K
加藤(文)文宏 / Fumihiro Bun Kato a.k.a Hiro.K
写真家・作家 / Photographer Author
・北海道北見市生まれ。
・大学卒業時までに詩集「無題あるいはサラバ」、同「Cadenza」発表(共に絶版、在庫なし。「Cafebza」別装丁私家版のみあり)。
・スタジオ助手、写真家として活動の後、広告代理店に入社。
・2000年代初頭の休止期間を除き写真家として活動。(本名名義のほかHiro.K名義他)
・広告代理店、広告制作会社勤務を経てフリー。
・不二家CI、サントリークォータリー企画・取材、Life and Beuty SUNTORY MUSEUM OF ART 【サントリー美術館の軌跡と未来】、日野自動車東京モーターショー企業広告、武田薬品工業広告、他。アウトレットモール広告、各種イベント、TV放送宣材、MIT Museum 収蔵品撮影 他。
月刊IJ創刊、編集企画、取材、雑誌連載、コラム、他。
・長編小説「厨師流浪」で作家デビュー。「花開富貴」「電光の男」他、小説のほか、エッセイ等を執筆・発表。
・獅子文六研究。
・インタビュー & ポートレイト誌「月刊 IJ」を企画し英知出版より創刊。同誌の企画、編集、取材、執筆、エッセイに携わる。
・各メディアにおけるスチル撮影。
・オリジナルプリントの製作、販売。
・JSAHP正会員
Translate »