海景がすこしばかり溜まったので

昨年の後半から加速させた「海景シリーズ」が順調に点数を増やしているので、ここにも抜粋を掲示するとともに、あれこれ書いてみたいと思う。

Fumihiro Kato.  © 2017 –

[supsystic-gallery id=’13’]

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

どれもこれもロケハンなしで撮影している。もちろん、どこへ行くか、何を撮影するか決める上でマップを見たり、あれこれ情報をさらってみたりはしている。しかし、ほとんどの現場が初見であり、日の出日の入りの時刻、太陽の方角、潮位などは事前にわかっていても知らないものばかりだ。そういう意味ではスナップに似ているかもしれない。ロケハンをしないのは、想定外のできごとや発見を呼び込むためだ。そうでもしないと切羽詰まった観察ができない時代とも言える。なにせNetを探れば、道端の樹木の茂り方までわかる時代だ。こういった事前情報が多少なりともある状態では、ロケハンそのものが本番ではないかと感じられ、さらに日を置いて撮影に赴く頃には情熱がだいぶ冷めてしまう。いきおい余って石ころにつまづくようなことを含め撮影で、脳内の回路をマルチタスクで働かせて決断を下しつつ前に進むのでなければ、獲得できないものがあるように思うのだ。

 

ただただ写真 こちらも見る?

連絡 CONTACT

Profile

F.Hiro.K
加藤(文)文宏 / Fumihiro Bun Kato a.k.a Hiro.K
写真家・作家 / Photographer Author
・北海道北見市生まれ。
・大学卒業時までに詩集「無題あるいはサラバ」、同「Cadenza」発表(共に絶版、在庫なし。「Cafebza」別装丁私家版のみあり)。
・スタジオ助手、写真家として活動の後、広告代理店に入社。
・2000年代初頭の休止期間を除き写真家として活動。(本名名義のほかHiro.K名義他)
・広告代理店、広告制作会社勤務を経てフリー。
・不二家CI、サントリークォータリー企画・取材、Life and Beuty SUNTORY MUSEUM OF ART 【サントリー美術館の軌跡と未来】、日野自動車東京モーターショー企業広告、武田薬品工業広告、他。アウトレットモール広告、各種イベント、TV放送宣材、MIT Museum 収蔵品撮影 他。
月刊IJ創刊、編集企画、取材、雑誌連載、コラム、他。
・長編小説「厨師流浪」で作家デビュー。「花開富貴」「電光の男」他、小説のほか、エッセイ等を執筆・発表。
・獅子文六研究。
・インタビュー & ポートレイト誌「月刊 IJ」を企画し英知出版より創刊。同誌の企画、編集、取材、執筆、エッセイに携わる。
・各メディアにおけるスチル撮影。
・オリジナルプリントの製作、販売。
・JSAHP正会員
Translate »