Mac OSでオーディオ

ハイレゾは超音波まで聴き取れる人のためのもので、ほとんどの人にとって必要ないと私は考えている。しかし、音楽が売れない時代の商売と切り捨てる気もない。というのも、CDをアップサンプリングしてリッピングしたものは、CD品質のままリッピングしたものと違いがあるからだ。オシログラフやら計器で測定した訳ではないので、オカルトに取り憑かれている可能性は否定しないけれど。

超音波が骨伝導で可聴域の音に混ざる、という話はある程度信じてよいかもしれない。また丁寧に音源化されたもの、丁寧にリッピングしたものは品質がよい。これらが複合的に、音の違いの差を生じさせているのだろう。だからハイレゾにこだわる必要は、人それぞれであって、不要と割り切る側に私は片足を突っ込んでいるのだ。このためハイレゾにこだわるより、安価ながら品質のよいヘッドホンやイヤホン、オーディオセットを探す労力やお金に投資を回したほうがよいと思っている。

Mac OS にはiTunesがバンドルされている。で、iTunesでFLACは再生できないけれど、可逆圧縮のALACはAppleが制定した規格なので再生できる。したがってFLACからXLDなどのソフトを介してALACに変換すればよい訳で、私もそうしている。さらに、iTunesは32bit 96.0kHzの音源も再生できる。iOS機器にバンドルされているmusic.appはCD品質までという制限があるため、一部で誤解されているみたいだがいわゆるハイレゾやCDをアップサンプリングしたニセレゾが再生できるのだ。

ただし、デフォルトのままでは出力は16bit 44.1kHzに固定されている。人間の可聴域が上限22000Hz相当なのだからこれはこれで当然だ。ハイレゾやCDをアップサンプリングしたニセレゾは、上限を超えた部分がカットされ出力される。そこで、アプリケーションフォルダー内にある「ユーティリティ」フォルダー内にある「Audio MIDI設定.app」を開いて設定を変更する。まあ、ここは騙されたと思って。

audio

あとは、イコライザーをそれぞれの環境に合わせて調整すれば、ほんのすこし人生が幸せになるかもしれない。私はベースがブリッと前面に出ると同時に、スネアがトンと響くように持ち上げている。

Fumihiro Kato.  © 2016 –

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

ただただ写真 こちらも見る?

Profile

F.Hiro.K
加藤(文)文宏 / Fumihiro Bun Kato a.k.a Hiro.K
写真家・作家 / Photographer Author
・北海道北見市生まれ。
・大学卒業時までに詩集「無題あるいはサラバ」、同「Cadenza」発表(共に絶版、在庫なし。「Cafebza」別装丁私家版のみあり)。
・スタジオ助手、写真家として活動の後、広告代理店に入社。
・2000年代初頭の休止期間を除き写真家として活動。(本名名義のほかHiro.K名義他)
・広告代理店、広告制作会社勤務を経てフリー。
・不二家CI、サントリークォータリー企画・取材、Life and Beuty SUNTORY MUSEUM OF ART 【サントリー美術館の軌跡と未来】、日野自動車東京モーターショー企業広告、武田薬品工業広告、他。アウトレットモール広告、各種イベント、TV放送宣材、MIT Museum 収蔵品撮影 他。
月刊IJ創刊、編集企画、取材、雑誌連載、コラム、他。
・長編小説「厨師流浪」で作家デビュー。「花開富貴」「電光の男」他、小説のほか、エッセイ等を執筆・発表。
・獅子文六研究。
・インタビュー & ポートレイト誌「月刊 IJ」を企画し英知出版より創刊。同誌の企画、編集、取材、執筆、エッセイに携わる。
・各メディアにおけるスチル撮影。
・オリジナルプリントの製作、販売。
・JSAHP正会員
Translate »