解像度が向上して写真は変わったか

この一文のタイトルは、タイプライターが発明されてシェークスピア以上の戯曲が量産されるようになったか、という問いと同じだ。

このご時世は写真誕生からかなり時間が経過し、方法論が相当数出尽くしているので画期的な写真技法はネタが尽きかけている。何かが写っていたら大喜びなんて時代ではない。画期的な技法は、それそのものが意味を持つのでソラリゼーションなどの手法にしろスナップなどの撮影ジャンルにしろ登場当時は何をやっても価値があったが、いまどきこれらを振りかざしても「それで?」だ。「で、どうするの?」と。

解像していれば写真としての価値が高いなら、これほど簡単なものはない。解像度だけでなく、全天全周カメラを使えば価値があるのか、超広角レンズを使えば価値があるのか、となる。ほら、それそのものだけではまったく価値がない。では、これらが有効に活用され新たな意義を切り開いたかとなると甚だ怪しい。たぶん頭がよくセンスもある人が、画期的なナニカを我々の前に提示することになるだろうが、現段階は幼児が新しいおもちゃに大興奮しているのと同程度だろう。

高画素機や高解像度のレンズが続々と発売されている今、これらは機材を買った人なら誰でも手にできる。表現の第一段階は道具を手にいれることだけれど、道具がありさえすれば誰にでも実現できるものは表現として弱い。極論にならないよう気をつけて発言するが、高解像度にしろ、全天全周にしろ、登場と同時に当たり前になり陳腐化がはじまっている。実に、腐るのが早かった。また、写真のデジタル化によって機材の小型化、色表現の進化が盛り上がるだろうと想像したけれど、いまのところ大した動きはない。というか、これらに挑戦しても旧態然としたフィルム以来の価値観に縛られている人々は振り向きもしないといった状態だ。撮影する側も、これらを世に広める側も、鑑賞する側もだ。

そうこうしているうちにカメラが売れない時代になったとされる。これはスマホによってカメラ市場が壊滅的打撃を受けたのではなく、必要以上の画質を持った写真をどこの誰もが簡単に撮影できるようになり、写真そのものへの期待感が著しく低下したからカメラが売れないのだ。こんな時代にいまだに営業写真館が繁盛するのは着付け、メイク、背景(セット)といった道具立てと、営業写真館的技能によって撮影された写真に需要があるからである。うーん、演出というか。この演出も、いかにも写真を撮りましたといったスタイルは古くなり、いまどきは日常の延長にありつつ日常ではないカットが求められている。こうした営業写真館が担っている需要も、たぶん将来的にはスタジオ内に複数設置されたカメラで動画的に撮影されたデータから好都合なカットを切り出す装置に取って代わられるだろう。このような装置を導入するのは営業写真館だとしても。

これまで写真はテクノロジーの進歩と同じ歩調で画期的なものを生み出して続けてきた。ゆえに機材偏重主義の人々を生み出し、幻想によって新型カメラやレンズが売れていたとも言えそうだ。で、タイトルに戻る。解像度が向上しても写真はなーんにも変わらなかった。

Fumihiro Kato.  © 2016 –

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

 

Profile

F.Hiro.K
加藤(文)文宏 / Fumihiro Bun Kato a.k.a Hiro.K
写真家・作家 / Photographer Author
・北海道北見市生まれ。
・大学卒業時までに詩集「無題あるいはサラバ」、同「Cadenza」発表(共に絶版、在庫なし。「Cafebza」別装丁私家版のみあり)。
・スタジオ助手、写真家として活動の後、広告代理店に入社。
・2000年代初頭の休止期間を除き写真家として活動。(本名名義のほかHiro.K名義他)
・広告代理店、広告制作会社勤務を経てフリー。
・不二家CI、サントリークォータリー企画・取材、Life and Beuty SUNTORY MUSEUM OF ART 【サントリー美術館の軌跡と未来】、日野自動車東京モーターショー企業広告、武田薬品工業広告、他。アウトレットモール広告、各種イベント、TV放送宣材、MIT Museum 収蔵品撮影 他。
月刊IJ創刊、編集企画、取材、雑誌連載、コラム、他。
・長編小説「厨師流浪」で作家デビュー。「花開富貴」「電光の男」他、小説のほか、エッセイ等を執筆・発表。
・獅子文六研究。
・インタビュー & ポートレイト誌「月刊 IJ」を企画し英知出版より創刊。同誌の企画、編集、取材、執筆、エッセイに携わる。
・各メディアにおけるスチル撮影。
・オリジナルプリントの製作、販売。
・JSAHP正会員
Translate »