ガンマ値とコントラスト:補足

workshopにガンマ値とコントラストについての話題を掲載したのだが、ふと思うことがあり当記事を書く。

直感的に両者の違いがわかりにくいかもしれない。
で、こんな方法で実験をすると理解しやいと思うのが以下。

曇り空を撮影する。雲の濃淡を強調したり、あるいは肉眼で見た印象に近づけたりしてもらいたい。

このとき「濃淡の強調だろ」とばかりにコントラストのスライダーを強コントラスト側に移動させても濃淡の差を強調できない。
逆に、コントラストのスライダーを弱コントラスト側に動かしてみるとどうなる?

また、ガンマ値調整のインターフェイスで線形をS、逆S、U、逆Uにする。
次に、これとコントラストの強弱を組み合わせてみる。

これ、理解への早道。

Fumihiro Kato.  © 2016-

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

Profile

F.Hiro.K
加藤(文)文宏 / Fumihiro Bun Kato a.k.a Hiro.K
写真家・作家 / Photographer Author
・北海道北見市生まれ。
・大学卒業時までに詩集「無題あるいはサラバ」、同「Cadenza」発表(共に絶版、在庫なし。「Cafebza」別装丁私家版のみあり)。
・スタジオ助手、写真家として活動の後、広告代理店に入社。
・2000年代初頭の休止期間を除き写真家として活動。(本名名義のほかHiro.K名義他)
・広告代理店、広告制作会社勤務を経てフリー。
・不二家CI、サントリークォータリー企画・取材、Life and Beuty SUNTORY MUSEUM OF ART 【サントリー美術館の軌跡と未来】、日野自動車東京モーターショー企業広告、武田薬品工業広告、他。アウトレットモール広告、各種イベント、TV放送宣材、MIT Museum 収蔵品撮影 他。
月刊IJ創刊、編集企画、取材、雑誌連載、コラム、他。
・長編小説「厨師流浪」で作家デビュー。「花開富貴」「電光の男」他、小説のほか、エッセイ等を執筆・発表。
・獅子文六研究。
・インタビュー & ポートレイト誌「月刊 IJ」を企画し英知出版より創刊。同誌の企画、編集、取材、執筆、エッセイに携わる。
・各メディアにおけるスチル撮影。
・オリジナルプリントの製作、販売。
・JSAHP正会員
Translate »