ライティングのバランスは現像次第のところがある

写真は対比と比率が重要であるとする記事を先日書いた。その前回の記事で予告したライティングとRAW現像の関係について説明する。積極的な活用でも危機的状況のリカバリーでも、デジタル時代のライティングはRAW現像の応答特性操作ありきのものなのだ。

Macのローカルストレージと空き容量の話

フォトグラファーやグラフィックをPC上で扱う者にとって、作業場であり道具であるMacはいつも万全な状態にしておきたいものだ。最近、Macのローカルストレージ(内蔵ストレージ)を掃除して大量の不要なファイルを削除したのに使用されている領域が減っていないと頭を抱える人が多いようだ。これはOSがHigh SierraやMojave(あるいはこれから登場する新たなversion)で生じる現象だ。

Capture One・Backupの保存先を変える

Capture Oneには不測の事態に備えたバックアップ機能がある。[調整内容のバックアップ]は1作業ごとのバックアップが数KBから数百MB程度であったとしても数年使い続けるとトータルで数百GBまで達する(もちろん放置し続ければTB級のデータ量になる)。こうしてストレージの大半を消費しかねない容量になり得るのだ。

なぜ適正露出があるのか適正露出とは何か

適正露出についてちゃんと説明できる人はすくないし、説明できないまま感覚だけで「適正露出に従う必要はない」と言う人も多い。適正露光とは便宜的なものとまず考えればよい。そのうえでRAW現像時になにをどうするのが自分の表現なのか考えて、ラチュード内に必要なかぎりのテクスチャーを記録するのか、その場の欲求に従い決め打ちで露光するのか立場を決めるのがよいだろう。

写真の仕上げで何を、どうやっているか(ある会話の続き)

おいちゃん:続きということで、また来ましたと挨拶しておくぞ(笑) おいら:挨拶はだいじだよ(笑) 正直に言えば、続けて話してる。 おいちゃん:「空と雲の表現」のやり方は説明してきたし、おしゃべりでは説明しにくいという話だ […]

どのような写真を仕上げるかについての答え

ギタリストのレス・ポールは言っている。「ラジオで流れている演奏を母親が聴いて、これが息子のものだと分かるようになればギタリストとしては一人前」。さすが第一人者は、無駄な理屈や言葉を弄さずさらっと一言で真理を言い尽くす。 […]

中判のお作法 ピントや画質の問題(過去記事を推敲校正)

⚠︎ ページの作成日を確認のうえご覧ください。 内容が古くなっている場合があります。「中判のお作法 ピントと画質について」と題した記事を書いたが、説明がわかりにくいうえに誤読されかねない表現があったので推敲と校正を行い当 […]

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る