判断はこちらがするからそのままを見せてくれ

写真は真実を写し取れるとどれだけの人がいま信じているだろう。たぶん100年前の人々は写真は真実を写すと思っていただろうし、20世紀の後半も多かれ少なかれ写真の「真」の部分に期待していた人が多いだろう。真実を写すどころか更
-> Continue reading 判断はこちらがするからそのままを見せてくれ

いつもENOについて考えながら現像している

写真や写真の現像の話であり、真意はもっと広い範囲について意見を述べたいと考え告知を含む記事を書こうと思う。 現像中は集中、没頭しているから目の前の変化だけを追っているのだけど、脳内を行き来する考え方はブライアン・イーノ的
-> Continue reading いつもENOについて考えながら現像している

写真ではスタイルがないコンセプトは無意味である

「コンセプト」という言葉は意味がわかっているようでいて曖昧なまま使われがちだ。コンセプトは「概念」「構想」である。構想はともかく「概念」がわかりにくい。概念は経験的事実ではなく、言語的意味内容だ。写真でコンセプトとは、た
-> Continue reading 写真ではスタイルがないコンセプトは無意味である

遠近感から植田正治、名取洋之助のセンスまで(ある会話)

おいちゃん:この前の記事で300mm望遠のポートレイトが平面的って話をしてたけど、そんなこと考えてもなかったわ。こんにちはおいちゃんです。 おいら:まあたぶんだけど、平面的で異常な顔と体に何も感じない人が多くて、コレうっ
-> Continue reading 遠近感から植田正治、名取洋之助のセンスまで(ある会話)

かたちを見てもダメで光=陰影を見るのだ

●前段:光で像を描くことについて 葛飾北斎の娘、葛飾応為は現存する作品が少ないのだが父親譲りの画力と試みの斬新さが素晴らしい画家だ。応為の代表作に「吉原格子先之図」がある。 花魁たちが室内に居並ぶ「張見世」の様子を描いた
-> Continue reading かたちを見てもダメで光=陰影を見るのだ

テーマを発見して写真を撮り続けることについての会話

おいちゃん:また呼び出されたわけだ。 おいら:どうもおいちゃんの評判がいいらしくて。 おいちゃん:今日は何を話すんだ。 おいら:前からおいちゃんが気にしてたテーマの話でもね。 おいら:どこのどんな人が読んでくれてるか、ち
-> Continue reading テーマを発見して写真を撮り続けることについての会話

どのような写真を仕上げるかについての答え

ギタリストのレス・ポールは言っている。「ラジオで流れている演奏を母親が聴いて、これが息子のものだと分かるようになればギタリストとしては一人前」。さすが第一人者は、無駄な理屈や言葉を弄さずさらっと一言で真理を言い尽くす。
-> Continue reading どのような写真を仕上げるかについての答え

写真って世界の見方についてのガイドラインだよね

タイトルは本文のとっかかりだから、具体性といささかの謎があるべきなのだろうけれど、今回の「写真って世界の見方についてのガイドラインだよね」はちょいと難解過ぎてよろしくないかもしれない。嘘偽りなく私は「写真って世界の見方に
-> Continue reading 写真って世界の見方についてのガイドラインだよね

Translate »