海景とオリジナルプリントと私

⚠︎ ページの作成日を確認のうえご覧ください。
内容が古くなっている場合があります。

海景の連作のうち一部を除いてオーダーを受けることにしました。詳しくは返信にて。(この場に掲載のすべてが対象ではありません)
と、連絡事項。

なぜ海景なのか、どうして撮影するのか、といった根源的な問題があるのだけれど答えをはっきり出しかねていた。もちろん、その答えの周辺部はわかっていたし核心もぼんやり見えてはいた。これらについてはここや、ギャラリーサイトにそれぞれ書いてもきた。今回の撮影ではっきり理解するに至り、これからは「理由の為に撮影する」態度にならないよう気をつけたいと思うのだ。

海景に限らず撮影において、「心情がナニナニだから撮影する」と理由づけの隅々まで説明できるようになると一気に作品がマンネリ化する。いやいやマンネリだろオマエは、と言われているのかもしれない。題材、形式を継続させることによる類型化もマンネリと言われたらマンネリである。だが、心情を言語で塗り固めて、塗り固めた言語をトレースするマンネリとは違う。私が警戒しているのは、言語をトレースするマンネリのほうだ。

哲学は創作に必要不可欠なものであるし、創作を通じで再度対象を哲学することで新たな一歩を踏み出せるのだが、作品は哲学そのものではない。結果として哲学であってもかまわないが、言語化しなければ成り立たない創作を作品と呼ぶべきではない。

Fumihiro Kato.  © 2017 –

海景 Inubozaki Choshi

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited. All Rights Reserved.

ただただ写真 こちらも見る?

連絡 CONTACT

・スタジオ助手、写真家として活動の後、広告代理店に入社。 ・2000年代初頭の休止期間を除き写真家として活動。(本名名義のほかHiro.K名義他) ・広告代理店、広告制作会社勤務を経てフリー。 ・不二家CI、サントリークォータリー企画、取材 ・Life and Beuty SUNTORY MUSEUM OF ART 【サントリー美術館の軌跡と未来】、日野自動車東京モーターショー企業広告 武田薬品工業広告 ・アウトレットモール広告、各種イベント、TV放送宣材 ・MIT Museum 収蔵品撮影 他。 ・歌劇 Takarazuka revue ・月刊IJ創刊、編集企画、取材、雑誌連載、コラム、他。 ・長編小説「厨師流浪」(日本経済新聞社)で作家デビュー。「花開富貴」「電光の男」(文藝春秋)その他。 ・小説のほか、エッセイ等を執筆・発表。 ・獅子文六研究。 ・インタビュー & ポートレイト誌「月刊 IJ」を企画し英知出版より創刊。同誌の企画、編集、取材、執筆、エッセイに携わる。 ・「静謐なり人生展」 ・写真集「HUMIDITY」他
投稿を作成しました 406

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る